摂食嚥下リハビリテーション

  • 院長の独り言
  • 勤務ドクターのブログ
  • スタッフブログ
  • 歯の基礎知識
  • 歯っぴー通信

摂食嚥下リハビリテーション

一昨年から新潟大学の摂食嚥下治療の研修を受けています。

「 摂食嚥下障害」 という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

いわゆる食べれない状態のことを言います。

なるほど食べれないというと 歯が痛くて食べれない、 歯がなくて食べれない、 あるいは入れ歯が合わなくて食べれない。というような歯や口のトラブルを思い浮かべるかもしれません。ですが、 実際食べれないという状態の原因はもっと多岐にわたっています。

成人の摂食嚥下障害の代表的な原因は脳卒中ですが、その他にも肺炎や認知症、薬物の副作用、心理的な原因など、食べることが障害される原因はたくさんあります。また、年齢を重ねると飲み込みの筋肉も衰えます。

呑み込みができなくなると当然栄養 状態が悪くなりますし、 食べ物や唾液が 過って気管や肺に入ってとても危険な状態になります。

ですので摂食嚥下の治療というのは大変大切な役割を持っていますが、 比較的 最近の学問ですので大学に改めて学びに行くことにしました。

今まで全く知らなかったことをたくさん 教えていただきました。そして、昨年末に 摂食嚥下リハビリテーション学分野の井上教授から、研修の修了書をいただきました。 まだまだ 今後も勉強を続けなければなりませんが、学んだことを 地域の医療に生かして行きたいと思っています。

ご指導いただいた大学の先生方に心から感謝しています。

 

 

 

 

 

歯周病学会認定医、認定歯科衛生士が誕生しました。

 

 

 

 

 

 

 

いいじま歯科クリニックでは

昨年、初の歯周病学会認定医と同じく歯周病学会認定衛生士が誕生しました。

勤続7年の歯科医師三宅友紀先生と 勤続8年になる石塚葉月衛生士です。

いいじま歯科は歯周病治療について、新潟市の歯周治療専門医である深井・加藤歯科医院さんの研修と指導を受けています。深井先生は私の大学の同期生でありまして、大学在職中から開業した現在まで懇意にしていただいています。そのような関係から、歯周治療についてご指導いただいています。

また、彼は大変教育熱心でして、いいじま歯科スタッフのの認定医と認定歯科衛生士の指導を懇切丁寧に続けてきてくれました。大変感謝しています。

そして何より、三宅先生と石塚衛生士の努力の甲斐あって、めでたく2人とも合格となりました。院長として、とても嬉しく思っていますし、そのようなスタッフがいることを誇りに感じています。

また、彼女らの後に続いて、同じく歯周病学会認定医と認定歯科衛生士を、その他にインプラント学会の認定歯科衛生士を目指して他のスタッフたちも日々頑張っています。資格を目指すことでその分野の知識がとても深まりますので、大変うれしいですね。これからもそんなスタッフさんたちを応援できる歯科医院でありたいと思っています。

三宅先生・石塚さん。改めましておめでとうございます。これからも臨床に頑張ってください!!

 

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せ

月曜から土曜 8:30~17:00 ※特殊診療は18:00まで
休診日:日曜/祝日 水曜午前
※土曜日は特殊診療中心となります

ページトップへ