医院ブログ

  • 院長の独り言
  • 勤務ドクターのブログ
  • スタッフブログ
  • 歯の基礎知識

腫れた

3.腫れた

みなさん1度か2度、口の中が腫れたといった経験はないでしょうか。

口の中の腫れは、膿が溜まることが原因で主に起こります。口の中にできるニキビのようなものです。

今回は腫れる仕組みについて、主な2つについてお伝えしていきたいと思います。

それは主に

   1)歯の中から感染して骨の中に膿を作る場合

   2)歯周病によって歯ぐきの周りに膿を作る場合

に分けられます。

 

 

  1)歯の中から感染して骨の中に膿を作る場合

 

歯:色塗りアブセス.jpg

虫歯などで神経が死んだままにしていたり、以前に神経を取る治療をしていて、その薬が古くなったりすると、細菌が繁殖して、根の先に膿をもちはじめます。慢性進行(ゆっくり進行)すると痛みなく、じわじわ骨を溶かしていきますが、急性進行(活発に進行)すると痛みを伴います。この痛みは、骨にたまった膿を出したり、噛む刺激などを取り除かないとなかなか引きません。

慢性進行した膿がじわじわ骨を溶かして、外に出ると歯ぐきの下に膿を溜めます。これが1つ目の腫れる原因です。

  
歯:色塗りフィステル.jpg
歯ぐきの下にたまった膿がじわじわ溜まると歯ぐきを破り、外に出てきます。そこから常に膿が出てくる状態になります。

 

 

 

 

 

 

 

  2) 歯周病によって歯ぐきの周りに膿を作る場合            

  

歯:色塗り原本Pアブセス.jpg歯周病によって骨が溶かされて、歯周ポケットは深くなります。深くなったポケットは、ブッラシングで磨けず、汚れが溜まります。常に汚れが溜まっていると、細菌が繁殖してポケット内で膿を作ります。ポケットから膿が出ていれば大きく腫れることはないですが、出口が狭かったり、なかったりすると、中でどんどん膿がたまり、急性進行だと痛みます。こらが2つ目の腫れる原因です。

               

歯:色塗り原本歯Pフィステル.jpg

慢性進行している場合、歯ぐきの下にたまった膿がじわじわ溜まると歯ぐきを破り、外に出てきます。そこから常に膿が出てくる状態になります。

 

 

どちらのタイプの腫れも溜まった膿を出したり、細菌の活動を抑えると、腫れや痛みは消え、一時的に落ち着きますが、原因である細菌はまだ存在しているので、後日また痛みと腫れを繰り返します。原因である細菌を除菌することが、治療として大事になっていきます。

 

 

                 ≪つづく≫

予防充填(シーラント)

シーラント

虫歯になっていない、または、虫歯になりかかっている奥歯の細かい溝に、レジン(プラスチック のような樹脂)をコーティングし、虫歯になりにくく、進行しにくくする処置のことを言います。歯の溝、特に奥歯の溝は狭く深いため、汚れが溜まっても歯ブラシでは汚れは落としにくいものです。歯が丈夫になるまでの期間、奥歯の溝をレジンで埋めて虫歯の予防をするのです。子供の乳歯や生え始めたばかりの永久歯によく使われます。
歯:01シーラント.jpg 

 生え始めたばかりの歯の噛むところには、狭く深い溝があります。そこに、溝を埋める目的と、歯を強く虫歯を進行させない目的で使用します。

 
 

歯:02シーラント.jpg

初めに、噛むところの汚れを取っていきます。普通の歯刷子、または機械の歯刷子でとっていきます。 


歯:03シーラント.jpg
 今度は歯にシーラントがしっかり接着するように、歯の表面にお薬を塗ります。

 
歯:04シーラント.jpgシーラントを深く狭い溝に流していきます。シーラントは元々液体なので、細部にまで流れます。

歯:05シーラント.jpg光を当てて硬化させます。
歯:06シーラント.jpgこれでシーラントの完成です。

 

 

当医院ではシーラントは歯を固く丈夫にしてくれるフッ素を混入したフッ素徐放性シーラントを使用しています。シーラントをつけてから、歯に徐々にフッ素が取り込まれます。

ただシーラントをしたからと言って、100%虫歯にならないわけではありません。また、普通の詰め物と違い、気づかないうちに取れることがあります。定期的に歯科医院に受診し、お口の中をチェックしましょう。

 

 

神経を取る治療(抜髄)

虫歯などにより、歯の中の神経近くにまで細菌感染が進んでしまった場合、神経を取る治療をします。神経に細菌感染が進んでしまったのに、そのままにしておくと、神経が腐り、歯が埋まっている骨にまで感染が進み、病状を悪化させます。このように歯の中の神経近くにまで細菌感染が進んでしまった場合、神経を取る治療をしなければなりません。


歯:色塗りむし歯.jpg 
虫歯が神経近くまで進行した場合や、神経に感染を起こしている場合、神経を取る治療をします。


歯:抜髄01.jpg
 麻酔をして処置をしていきます。麻酔後虫歯を取り除き神経を取るための入口を作ります。 

 


歯:抜髄02.jpg神経が取り出せるようになると、専用の細い器具を使って神経を取ります。
 
 


歯:抜髄03.jpg
 神経を取った後、感染した歯質を削りながら、最終的な薬が入る様な形を作っていきます。


歯:抜髄04.jpg
感染した歯質を取った後は消毒していきます。1~数回薬を交換して、中を消毒していきます。


歯:抜髄05.jpg
消毒が終わると、最終的な薬を詰めていきます。


歯:抜髄06.jpg
 最終的な薬を詰めた後は、土台の型どりをして、土台を作り歯に付けて補強します。


歯:抜髄07.jpg

 

最終的な薬を詰めた後は、土台の型どりをして、土台を作り歯に付けて補強します。


歯:抜髄08.jpg 
かぶせ物が出来上がると、噛み合わせ等を調整し、取りつけます。これで根の治療は終了です。

当医院では神経を取り除く際、最新の機械(Ti-ファイル)で処置を行うことがあります。神経の管が細く、治療が困難な方などに用いることがあります。

神経を取る治療は、噛めるようになるまでに治療回数が数回かかりますので、根気強く通院されてください。

歯の基礎知識に関するブログを始めます

こんにちは いいじま歯科です。

いつも当院のHPをご覧いただきありがとうございます。
このたび、患者さんのお口の健康を促進するために「歯科基礎知識のブログ」を始めることにしました。
更新をお楽しみに。
1 6 7 8 9 10

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せ

月曜〜金曜:8:30~12:00 14:00~18:00
土曜:8:30~13:00 14:00~17:00
休診日:日・祝日

tel:0254-23-0648

ページトップへ