医院ブログ

院内勉強会 鈴木公子先生を迎えて

昨日は、院内勉強会でした。

今回の講師は柏崎市ひまわり歯科医院院長 鈴木公子先生。鈴木先生とは大学の同級生で、卒業後も懇意にしていただいています。ご自分の病気を食事の改善で克服なさった経験から、食事と健康をテーマに一貫して研鑽されています。

昨年だけでも、食と健康について60回を超える講演をしているとのこと、大変アクティブで前向きな先生。昨日も、午前のいいじま歯科クリニックの勉強会が終わった後、とんぼ返りで午後から地元で講演会があるとのこと。すごい。

病気とは必ず病気になる原因がある。原因を見つけないと必ず再発する。原因を探っていくことで予防もできると強く訴えていました。

その中で、砂糖が女性の病気の多くの原因。とのことを強調されて、甘い物好きの多い私たちスタッフには少し耳が痛いところもありました。

自分が健康でないと患者さんを指導できないので、まず自分たちが健康になることが大切とのこと。

P3160982.JPG以下鈴木先生が提唱している健康と食の十カ条

1.なぜパンが悪いのか?ご飯がよいのか?

外国の方は日本に来て、「日本のパン屋さんではケーキが売っている。」と驚く。日本のパン屋さんには砂糖を大量に使ったふわふわのパンばかりが並んでいるのだそうです。

その砂糖は体外に排泄される時にカルシュウムと結合して排出される。摂取が多いと骨がスカスカになってしまう。また、パン食は血糖値が食後にすぐに低下してしまう。一方、パン給食を米食にすると脂肪分が半分に減る。自然におかずの種類が脂肪の少ないものになる。このため、学校の給食を米飯食にする活動を積極的にしているとのことです。

2.飲み物はノンカロリーのものを

危険な飲み物として①スポーツドリンク②乳酸飲料③缶コーヒー④健康ブームで飲む酢⑤果汁入りジュースには果糖・ショ糖が入っていてこれも危険⑥野菜ジュースにも多量の果糖が入っている。

体にいい飲み物と勘違いして大量の砂糖を摂取していて、歯と体を害している。

3.間食を避ける。

4.砂糖を避ける
代替砂糖(ノンカロリー)もとりすぎると脂肪代謝を落として、脂肪を蓄積するということが分かってきた。

5.味噌汁・漬物を毎日食べよう
発酵食品は血液を浄化させる作用がある

6.副食は季節のものを彩りよく、果物はほどほどに
冷え症、口内炎の多い人は果物を多量に食べている。果糖が多い。最近の果物は糖度が上がっているので、要注意。

7.油、動物性食品の摂り過ぎに注意。

8.調味料は上質の物を

9.危険な味3つを極力避ける

 ①白砂糖
 ②油脂
 ③化学調味料 グルタミン酸

これらをまとめて作っているのが、スナック菓子類→食べ続けると肥満体になってします。ファーストフード類もよくない。

10.歯ごたえのあるものをよく噛んで
食事とは栄養素を体に入れているのではなく、よく噛んで唾液と混ぜて体に入れることで初めて体に良い栄養になるとのこと。

食事指導を栄養学ではなく、食事学としてとららえ、食事の大切さををしっかりと歯科関係者が勉強をして伝えていくことが大切と強調されていました。

食の大切さと鈴木先生の元気をいただいた勉強会でした。

鈴木先生、ありがとうございました。

P3160986.JPG

新潟県新発田市で歯医者・歯科医院をお探しの方は「いいじま歯科クリニック」にご相談ください。

インプラント・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。

所在地 〒957-0063 新潟県新発田新栄町1-6-13
電話番号 0254-23-0648
診療時間 月曜〜金曜:8:30〜12:00 14:00~18:00
土曜:8:30~13:00 14:00~17:00
休診日 日・祝
駐車場 駐車場完備-お車でお越しください。

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せ

月曜〜金曜:8:30~12:00 14:00~18:00
土曜:8:30~13:00 14:00~17:00
休診日:日・祝日

tel:0254-23-0648

ページトップへ