各職種の仕事

いいじま歯科では、全ての職種がメインキャストです。
それぞれの職種の仕事内容と、役割とは?

当院の主役は歯科医師だけではありません。歯科医師や歯科衛生士という資格の有無は関係なく、それぞれの場面で、1人1人のメンバーが主役です。どのポジションが欠けても当院の診療は成り立たないのです。そのことを全員が理解することで、自分のやるべきことを行いますし、仲間への感謝が生まれます。

まずは、自分自身が医院にとって、診療にとって大切な役割を果たしているという自覚を持って取り組むことが大切です。どのポジションでも、そしてキャリアが浅くても活躍できる場所です。


歯科医師の仕事

歯科医師の仕事

一生涯のパートナーとしての歯科医師へ。技術は基礎からしっかりと。そして人間力も大切です。

当院では、歯を削るだけの治療は行いません。患者さんの一生涯の健康のパートナーとなるべく、歯科医師も日々の診療を行っています。当院では、基礎的なスキルに加えて、コミュニケーション、患者さんへの配慮・心配りも学んで頂きます。

まず、当院で働く歯科医師に求めることは、何より患者さんに信頼されるように努力することです。そして、それとともに、患者さんに対して貢献するという意識が高い歯科医師になって欲しいのです。また、常に向上心を持って最新の知識・技術の習得に貪欲になって欲しいと思っています。医院としては、その意欲をできる限りサポートします。

「歯医者は、自分にとって天職です。」
誇りと自信を持って言える歯科医師になってほしい。

残念なことに、歯科医師の中には自分の職業に誇りややりがいを持っていない方が驚くほど沢山います。そんな歯科医師は「所詮、歯医者だし」「医者とは違う・・・」ということを言うのです。しかし一方、「歯医者が自分の天職です」と言い切れる歯科医師もいます。

こう感じられるようになるためには、まずは一生懸命に勉強し、練習し、成長することで、患者さんに貢献できるようになることです。技術だけでなく人間力も磨く。そして、精神的にも経済的にも豊かになることが大切だと考えています。この、貢献して己も豊かになるという状態になると、生き方として良い循環に入るのではないでしょうか。当院では、この全てを実現するために貢献できる歯科医院でありたいと考えています。


歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の仕事

「歯科衛生士になって良かった」と思えるように。患者さんの人生を守る、プロフェッショナルを目指して欲しい。

歯科衛生士の仕事に対してよくあるイメージは「歯科医師のサポート役」というもののようです。当院では、全く違います。歯科衛生士は常に主役級の存在であり、中心となって活躍できる職種です。

当院の歯科衛生士の業務は、まさに「患者さんの人生を守る仕事」です。本格的な治療に入る前の歯周病治療、プラークコントロールから、TBI、生活習慣や悪習癖のアドバイス、子供の歯並びについてのアドバイスや、予防メンテナンスまで、役割は多岐にわたります。

もちろん、そこまでに多くのことができるレベルに到達するには時間がかかりますが、カリキュラムによって段階的に成長できるので安心して下さいね。

当院で働く歯科衛生士には、プライドを持って仕事をしてほしいと思っています。そのためには、新人期間はもちろん、絶えずプロフェッショナルとしての努力、勉強も必要です。そして、その努力に見合う感謝ややりがいは返ってきます。それを感じられるくらい一生懸命がんばってほしいですし、「一生歯科衛生士をやりたい」「歯科衛生士になって良かった」と思ってほしいのです。

→歯科衛生士求人ページ


受付/歯科助手の仕事

歯科助手の仕事

受付は、『医院の顔』です。接遇応対、コミュニケーションスキルまで、 どこに行っても通用する力を身につけてほしいと思っています。

一般的な歯科医院で受付というと、診察券を受け取ったり事務的な作業をするというイメージくらいしかないかもしれません。しかし、当院での受付の位置づけは、「医院の顔」です。最初に不安を抱えた患者さんと接するのは、電話でも対面でも、受付の仕事です。ですので、その意識を持ってコミュニケーションを取ってほしいのです。

ですので、接遇応対や、笑顔での優しいコミュニケーション、安心してもらえる笑顔や声の使い方なども、非常に大切なスキルとなっています。それに対しての研修や外部セミナーを受けることも可能です。どこの業界でも通用するビジネススキルが身に付きます。

また、受付はアポイントの管理を行う、医院にとって非常に重要な業務を任されています。レベルが上がってくると、アポイントコントロールをしながら、全体の診療のマネジメントまで意識して仕事をすることができるようになります。そのくらい、中心的な役割として活躍できます。歯科医院の受付というと楽で軽いイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。忙しく、覚えることも多いポジションですが、患者さんとの関わりも多く、やりがいを感じられるポジションです。

歯科医院はチーム医療。歯科助手は重要なチームの一員であり、
患者さんにとっての強力なサポーターです。

当院の受付/歯科助手として入社したスタッフは、両方のポジションを経験してもらいます。受付がメインで入るスタッフも全体のことや治療のことを知っている必要があるためです。また、歯科助手がメインのスタッフも、いつでも受付に入ってサポートができたり、アポイントコントロールができるようになってもらうためです。

当院の歯科助手は、ただ歯科医師や歯科衛生士のサポーターという位置づけではなく、一緒に質の高い診療を行う医療チームの一員という自覚を持ってほしいと思っています。そして、治療をサポートするエキスパートです。当院で歯科助手のスキルを身につけたら、全国どこの歯科医院に行っても通用するものになるでしょう。

また、患者さんの不安を素早く察知してお声かけをしたり、説明の補足をしたり、予防への意識付けをしたり、多くの役割を担っています。患者さんと濃厚に触れ合うことが多く、歯の健康を守るために大きな影響を及ぼす重要なポジションです。信頼関係も深くなるので、その意味でもやりがいを感じられるポジションです。

→受付・歯科助手求人の詳細はこちら


トリートメントコーディネーター(TC)

トリートメントコーディネーター(TC)

トリートメントコーディネーターはカウンセリングを担当し、
患者さんとの繋がりの深い本当にやりがいのある仕事です。

トリートメントコーディネーターとは、医院のカウンセリングを担当するポジションです。当院の診療システムの中心を担っているといっても過言ではないくらい、医院にとっても患者さんにとっても、重要なポジションです。

初診の患者さんに対しては、これまでの悩みやストレス、歯医者への恐怖心、今後の理想の姿など、心の内を把握することに努めます。多くの患者さんが、話を聞くだけでホッとした表情になり、信頼を寄せてくれ始めます。

また、他にも歯周病の怖さや歯の大切さ、予防の大切さを啓蒙するセカンドカウンセリングや、かぶせ物や詰め物、入れ歯の種類などを説明する補綴(ほてつ)カウンセリングなどを担当します。

上記を読んでみると、とても難しそうに感じるかもしれません。しかし、当院でトリートメントコーディネーターとして活躍しているスタッフは、ほぼ全員が歯科業界未経験からのスタートです。育成カリキュラムや外部セミナーを通じて学ぶことができるので、安心してください。

人と話すのが好き、患者さんに心から貢献したいというマインドを持った方なら適性があるので大丈夫です。TCを経験すると、「信頼関係も深まるし、すごく感謝されるので本当にやりがいがある」と口を揃えて言います。

また、過去にサービス業、販売職、営業職をやっていた方は、「ノルマもないし、本当に良いと思えるものを、患者さんに伝えたいと思いながら伝える仕事なので楽しい!」と以前の仕事との違いを感じるようです。

→トリートメントコーディネーター(TC)の求人情報はこちら

見学・面接の申し込みは、電話かWEBからお気軽にご連絡ください。
面接(見学)希望とお伝えください

tel:0254-23-0648

受付時間:9:00~19:00 / 土曜日は18時まで / 日・祝は休診

 WEBからの応募・見学申込みはこちら

ページトップへ