最新記事一覧

歯周病の治療

2018年02月09日

歯科医院に通っていれば歯周病は治るの?

残念がら・・・通院しているだけでは治りません

 

まず大切のことは自分で口の中をきれいにする技術を身につけること!

「プラークコントロール」と言います。

 

なぜプラークコントロールが大切なのか?

それは歯周病の原因は口の中にある細菌が原因だからです。細菌を減らすことが自分でできなければ、いくら歯科医院できれいにしてもらってもすぐに細菌が増えて元に戻ってしまいます。ですから、自分で管理することが最も大切と言えます。

 

ですから、治療法のひとつとして「プラークコントロール」となるわけです。

自己流ではなく、歯科医師や歯科衛生士に適切な方法を指導してもらい、技術を習得しましょう。

 

自分でお手入れができるようになったら・・・

「スケーリング」と呼ばれる汚れ落としをしていくことになります。

歯石は自分で除去することができません!

スケーラーと呼ばれる歯石を取る専用の器具や器械を使用して、除去していきます。

 

さらに歯石が歯茎の下や歯の根の表面などについている場合は・・・

「ルートプレーニング」と呼ばれる汚れ落としをすることになります。

必要に応じて麻酔をしながら処置を行います。

 

これらの処置を行っても治療効果が得られない場合もあります。

その場合には「歯周外科手術・フラップ手術」を行うこともあります。

具体的には歯茎を切開して、直接歯の根を露出させるなどして、直視下で汚れを取る手術です。手術と書きましたが、入院などを要するものではありません。

 

治療が終わったらそれで終わりではありません!

維持するためにも定期的なチェックが大切です。しっかりとチェックしてくれるかかりつけの歯医者さんをぜひ見つけてください。

 

様々な治療方法がありますが、すべては「プラークコントロール」そして「定期的なチェック」です!

自分できれいにする技術を手に入れて、自分の歯を守っていきましょう。

PageTop