最新記事一覧

『神経とる?治療』

2017年08月21日

みなさん、歯医者さんに行って、

「神経とりますね!」と言われたことはありますか?

今日は、歯の治療の中でも、根の治療をテーマにしてまとめてみます。

・根の治療とは?

リーマーやファイルと呼ばれる器具で細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去し、歯の根の病気を治療、予防する治療。

・根管治療いつするの?

  • 虫歯が神経まで進行した場合

歯が何もしなくてもズキズキ痛む。

冷たい物、熱い物が凍みる

  • 根の病気になってしまった場合

歯茎を押すと違和感や痛みがある。

神経をとったのに歯が痛む。

歯茎が腫れる、膿が出る。

疲れた時に歯に、違和感、痛みを感じる。

  • 健全な歯の場合でも、治療上必要がある場合。

根の治療になった場合、治療回数が多くかかることがあります。まずは、虫歯が大きくなる前に治療することが一番大切です。また、根の治療になった場合には、被せ物が入るまでしっかりと通いましょう。

詳しく知りたい方はこちらも御覧ください。

http://www.jea.gr.jp/ippan/

次回は、根の治療の方法についてまとめていきます。

PageTop