歯科基礎知識のブログ

ブリッジとは?

2017年04月24日

歯を失った時の治療方法に「ブリッジ」という治療方法があります。

 

今回は、ブリッジについてお伝えします。

 

   <ブリッジってどんなもの?>

両隣の歯を支えにしてかぶせ物をつけ、失った歯を補う治療法です。

橋渡しするように人工の歯をいれて、歯がないところを回復します。

 

<ブリッジの利点>

        入れ歯に比べ、違和感が少ない。

        ものを噛み砕く能力がそこそこ高い。(天然歯の約60)

        保険適用の場合のものもある。

        自費診療であれば汚れが溜まりにくく、見た目が綺麗なものも選択できる。

<ブリッジの欠点>

        健康な歯を削ってしまうので、歯の寿命が短くなる。

        土台となる歯が弱い場合は、ブリッジが出来ないことがある。

        土台となっている歯に負担がかかる。

        前歯保険のブリッジの場合、表面がプラスチックのため変色してしまう。

 

 歯を失った時に歯を補う方法の一つとして、ブリッジについてお伝えしました。ブリッジにもいろいろな種類もありますし、ブリッジ以外の選択肢もあります。いいじま歯科クリニックでは、患者さん一人一人にあった治療法を提案し、ご相談して患者さんと一緒に治療方針を決めていきます。なにか気になった方は、近くのスタッフに声をかけてみてください。

PageTop