歯科基礎知識のブログ

『歯の定期検診って?』

2016年05月21日

 歯医者は痛い、怖いというイメージをお持ちの方、できれば行きたくない場所と思っている方が多いと思います。しかし、『治療終了=永久に大丈夫』ではないのです。今月は、歯の定期検診についてお伝えしていきます。

 せっかく治療終了し、お口の中が健康な状態となったとしても、それがゴールではありません。それを保つためには、<ホームケア>と<プロフェッショナルケア>が必要です。

 

<ホームケア>とは、

・お家での歯磨き

・食事、間食に気をつける

・家庭でのフッ素の利用

などです。

 

<プロフェッショナルケア>とは、

・3ヶ月から半年に1回定期検診を受けること

・お口の中の状態(虫歯・歯周病の再発など)のチェック

・歯科衛生士がきれいにクリーニング

 

 では、もし定期検診に行かずにいたらどうなるのでしょう?

例えば、セルフケアはしていたが、定期検診には、仕事が忙しく、行けていなかった方がいるとします。ある朝、歯が痛くて仕方なく、歯医者に行くと、歯を抜かなくてはならない状態まで悪化していた。ということもあります。歯を抜くということは、抜いた歯を何かしらで補うことが必要になります。そこには、費用も、期間もかかります。仕事が忙しくて、、、を理由に定期検診を怠ったことで、費用も、期間も、そして、自分の大切な歯も失ってしまうと考えるとこわいですよね?

 

みなさん3ヶ月から6ヶ月に1回定期検診を受けて、自分の歯を守りましょう。

PageTop