歯科基礎知識のブログ

腫れた

2012年02月21日

3.腫れた

みなさん1度か2度、口の中が腫れたといった経験はないでしょうか。

口の中の腫れは、膿が溜まることが原因で主に起こります。口の中にできるニキビのようなものです。

今回は腫れる仕組みについて、主な2つについてお伝えしていきたいと思います。

それは主に

   1)歯の中から感染して骨の中に膿を作る場合

   2)歯周病によって歯ぐきの周りに膿を作る場合

に分けられます。

 

 

  1)歯の中から感染して骨の中に膿を作る場合

 


歯:色塗りアブセス.jpg

虫歯などで神経が死んだままにしていたり、以前に神経を取る治療をしていて、その薬が古くなったりすると、細菌が繁殖して、根の先に膿をもちはじめます。慢性進行(ゆっくり進行)すると痛みなく、じわじわ骨を溶かしていきますが、急性進行(活発に進行)すると痛みを伴います。この痛みは、骨にたまった膿を出したり、噛む刺激などを取り除かないとなかなか引きません。

慢性進行した膿がじわじわ骨を溶かして、外に出ると歯ぐきの下に膿を溜めます。これが1つ目の腫れる原因です。

  
歯:色塗りフィステル.jpg
歯ぐきの下にたまった膿がじわじわ溜まると歯ぐきを破り、外に出てきます。そこから常に膿が出てくる状態になります。

 

 

 

 

 

 

 

  2) 歯周病によって歯ぐきの周りに膿を作る場合            

  


歯:色塗り原本Pアブセス.jpg
歯周病によって骨が溶かされて、歯周ポケットは深くなります。深くなったポケットは、ブッラシングで磨けず、汚れが溜まります。常に汚れが溜まっていると、細菌が繁殖してポケット内で膿を作ります。ポケットから膿が出ていれば大きく腫れることはないですが、出口が狭かったり、なかったりすると、中でどんどん膿がたまり、急性進行だと痛みます。こらが2つ目の腫れる原因です。

               


歯:色塗り原本歯Pフィステル.jpg

慢性進行している場合、歯ぐきの下にたまった膿がじわじわ溜まると歯ぐきを破り、外に出てきます。そこから常に膿が出てくる状態になります。

 

 

どちらのタイプの腫れも溜まった膿を出したり、細菌の活動を抑えると、腫れや痛みは消え、一時的に落ち着きますが、原因である細菌はまだ存在しているので、後日また痛みと腫れを繰り返します。原因である細菌を除菌することが、治療として大事になっていきます。

 

 

                 ≪つづく≫

PageTop